アディダス4Dの履き心地とは。 他社が絶対に真似できない、凄さの本質を語る。

色々なエエ情報
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ども! 浪速のビールおじさんこと、ぽよんちょおじさんです😋🍺❤️


突然やけど、アディダス4Dっちゅうスニーカー知っとる?



Futurecraft 4Dっちゅう名前で開発されとったアディダスの世界最先端技術が詰まったスニーカーやねんけど、世界中のスニーカーマニアを震撼させた驚異のスニーカーであることは、もはや伝説となっとるよね?




アディダス4Dが、本格的に量産化されたのが2018年。




今もなお、他社が絶対にマネ出来へん技術と素材。

一人で未来を突っ走るスニーカー。

それが、アディダス4Dっちゅうスニーカーやねん😋🍺❤️

スポンサーリンク

アディダス4Dの履き心地とは。 他社が絶対に真似できない、凄さの本質を語る。

アディダス4D「Futurecraft 4D」とは?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

アディダス4Dは、「Futurecraft 4D」っちゅうプロジェクト名称で開発された、エンジニアリングの世界でも最先端技術を投入して開発された、正真正銘のハイテクスニーカー。


一体、アディダス4Dの何が「最先端技術」か?
っちゅうと、ミッドソールの作り方やねん。



なんと、従来の技術では生産不可能やった、超複雑な3次元の格子構造「ラティス構造体」をミッドソールに採用した世界初のスニーカー。



その製法は、昨今世の中を騒がせとる3Dプリンタ。




ぶっちゃけ、3Dプリンタを使っとるっちゅうだけでは、目新しさもクソもないんやけど、アディダス4Dは3Dプリンタの中でも一味違う、世界最先端の実用強度と造形レベルの美しさを兼ね備えた、特殊な3Dプリンタを使用して生産されとるんや。






それが、米Carbon社製の3Dプリンタ。



この3Dプリンタこそが、アディダス4Dの肝であり、アディダス4Dが他社に絶対に真似でけへん秘密やねん。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

米Carbon社製の3Dプリンタは、まだまだ一般的な認知度は低い。



日本でも先端技術に詳しいエンジニアレベルでないと聞いたこともない名前やと思うわ。






完成形となった「Futurecraft 4D」の前身に「adidas 3D-Printed Futurecraft」っちゅうプロジェクト名称で進んどったんやけど、正直コンセプトモデル感が強すぎて、実用レベルの品物ができるとは到底思えんかった。



米Carbon社製の3Dプリンタがあったからこそ、完成形の「Futurecraft 4D」のレベルに到達できたっちゅうわけ。

This Is Adidas’ First Mass Market 3D-Printed Shoe
米Carbon社製の3Dプリンタで、アディダス4Dのミッドソールを造形するプロモーション映像
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

どや?

なんか、ごっつ凄そうな事が、なんとなくわかってきたやろ??





ほんなら、ここからもわし独自のエンジニア的な目線で、「Futurecraft 4D」を解説していきたいと思う。




「Futurecraft 4D」が如何に凄いのか?

「米Carbon社の3Dプリンタ」とはどういったモノか?






これを読めば、アディダス4D「Futurecraft 4D」が確実に欲しくなる。


散財したくない人はこの先は読まん方がエエよ。

ごっつ優しい、わしからの警告!

散財したくないなら、以下閲覧注意!!!

アディダス4D「Futurecraft 4D」の前身「adidas 3D-Printed Futurecraft」について。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

始まりは、2016年に15足限定で発売されたadidas 3D-Printed Futurecraft。


一般的な感覚やと、3Dプリンタって今でも目新しいと思うけど、当時の3Dプリンタはまだまだ製品レベルの物を生み出す代物っちゅう感覚やなかった。


それだけに、3Dプリンタで作られた造形物をそのまま製品として売るっちゅうのは、ものづくりの観点から見たら、衝撃的で革新的な製品やってん。






アディダスの発表を知って、異様に興奮したのを今でも覚えとるわ。

こんな事が起こるんや・・・って。





ぶっちゃけ、当時発表された「adidas 3D-Printed Futurecraft」は、まだまだ荒削りなプロトタイプっちゅう感じやった。

せやけど、モノとして存在する説得力と、確実に来る近未来のスニーカー像、いやものづくりの現場っちゅうのが、ごっつ生々しく感じられたんや。






この当時の「adidas 3D-Printed Futurecraft」は、下のプロモーション動画の通り、粉体造形の3Dプリンタを使ってソールを立体的に生成しとってん。



現在のアディダス4Dと比較したら、ぶっちゃけ素材感は微妙やし、ラティス構造「網目状のソール構造体」の形状もなんとなくカッコ悪かった。




アディダス4Dと、「adidas 3D-Printed Futurecraft」の違いは、実際に下の動画を見て確認してみてな。


センス抜群で違いのわかるキミなら、完成形となったアディダス4Dがいかに圧倒的なクオリティを実現した製品なのかを、一発で感じとることが出来るはずやで。

adidas – Futurecraft 3D
アディダス future craft 3D時代のプロモーション映像
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

やっぱり早すぎたか。

幾ら何でも、もうちょっと時間(5年くらい)かかるやろなぁ〜?





とか思っとってん・・・。





結論から言うたら、わしの読みが甘すぎた。





時代は、わしが予想しとるよりも驚異的なスピードで進んどったんや。






そや。

アディダスは「adidas 3D-Printed Futurecraft」の先を見とった。





「Futurecraft 4D」の登場で、一気に世界が震撼する事になる。

アディダス4D「Futurecraft 4D」 突然の発表で、世界が震撼する。

adidas AlphaEdge & FutureCraft 4D – 3D Drucker Laufschuhe
アディダス4Dのプロモーション映像
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

そや。


「adidas 3D-Printed Futurecraft」は、アディダスの描いたスニーカー像の完成形やなかった・・・。


アディダスは秘密裏に動いとったんや・・・。




圧倒的なクオリティと強度を実現する、世界で唯一の3Dプリンタで造られた、「Futurecraft 4D」のはじまり・・・。





突如として登場した「Futurecraft 4D」の姿は、「米Carbon社の3Dプリンタ」を使ったコンセプトモデルであり、アディダス4D真の姿やった。






その外観的美しさ、実用強度、スニーカーとしての完成度は疑うことなき世界一であり、世界唯一のモノ。


ぱっと見ただけで理解できる、圧倒的な完成度。





「Futurecraft 4D」が発表されたこの瞬間、世界中のエンジニアが感じたであろう、言葉にでけへんレベルの衝撃。



長年の技術的停滞期をくすぶったスニーカーは、新世代へと突入した。






外観・設計・製法・流通・・・。





過言や無く、あらゆる要素を根底から覆す技術革新が起こった歴史的瞬間やった。




アディダスが長年をかけて開発した「Futurecraft 4D」は、紛れもなく世界を変えていくスニーカーのマスターピースと断言してエエ。


スニーカー界に革命を起こした、大発明や。

アディダス4Dが生まれたきっかけ、米Carbon社の3Dプリンタの凄さとは?

Crafted By Carbon™
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

アディダス4Dは、3Dプリンタを使ったコンシューマー向け製品の中でも、世界で初めて成功したと言える製品や。

その影には、アメリカカリフォルニアのベンチャー企業「Carbon社」の存在がある。





Carbon社は、3Dプリンタを製造するベンチャー企業なんやけど、巷にあふれかえる、単なる3Dプリンタとはワケが違う。




Carbon社以外の3Dプリンタでは、造形物の表面状態の質感、クオリティはもちろん、従来の量産手法である射出成形レベルの実用強度に達する製品は、3Dプリンタを使った造形物では実現不可能っちゅうのが常識やったんや。






つまり、最終製品として通用するレベルの実用強度と外観的美しさを持った3Dプリンタは、現段階においてもCarbon社の3Dプリンタ以外は実質存在せぇへん。




光造形とか、3Dプリンタが世の中に広まってから10年以上は経つのにも関わらず、現実的にハードルを越えた3Dプリンタは一社しかないって、信じられる?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

にわかには信じがたいと思うけど、実際世界中の最新鋭の3Dプリンタを見た中で、わしは確信を持っとる。



現時点において、Carbon社の製造する3Dプリンタは、「外観のクオリティ・実用強度」共に、間違いなく世界最高の製品が製造可能な3Dプリンタや。






もちろん、他にも色んなメーカーが最終製品を想定した実用強度が可能って言うとるよ?

あくまでも、メーカーの謳い文句としてやけど・・・。






せやけどほんまに、エンジニア目線で見た場合、論外なものが多すぎる。



悲しいけど、総合的な観点で見たら、まだまたレベルが低いもんばっかりやねん。

アディダス4Dは、「アディダスとCarbonの2社でしか絶対に造れない技術」が詰まっとる。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

そんな中、先見の明があったのか、アディダスが密かにCarbon社との研究開発を進めとった。


まさかアディダスがCarbonをパートナーとして選んどるとは、わしも思ってもなかったわ。





数年間をかけた、アディダスとCarbonによる共同研究の結果、数々のラティス構造パターンが生み出されることになる。

この時生み出された、ラティス構造パターンライブラリの構築で、単一の素材から、様々な物性(弾性・反発・復元性・ショック吸収性の強弱など)を生み出すことが出来るようになったんや。






この時生み出された、膨大なラティス構造のパターンと、アディダスがアスリートから取得した、靴底の圧力分散データを照らし合わせ、靴底の各エリアかかる圧力に最適化したラティス構造を適応していく。

その結果、効率的且つ、圧倒的にシームレスにソールの圧力を均一化することが可能になったっちゅうわけ。







これこそが、Carbon社とタッグを組んだアディダスの資産であり、アディダス4Dが生まれた最大の技術革新。



同時に、Carbon社を確固たる地位に押し上げた要因なんや。

王者ナイキが、アディダス4Dのマネが出来ない訳。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

個人的にはナイキあたりが組んでもおかしくないと思っとったんやけど、現実は、完全にアディダスに先を越された結果となったんや。



アディダスとCarbonは、初期の頃からお互いに研究を重ねてきたっちゅう事情があって、ソール技術に関しては他社が介入できん独壇場のマーケットを展開しとる。





簡単に言うたら、現時点においてアディダス以外は、Carbon社と組んでスニーカーのソールを作ることが出来へん事になっとる。

実質、Carbon社といち早く共同研究を進めとった、先手必勝のアディダスが独占状態。







ナイキからアディダス4Dのような製品が出てこん理由は、「一般人が知らん、裏の事情」があるねん。






つまり、Carbon社を超えるレベルの、エゲツない技術革新がない限り、3Dプリンタを使った、真の意味でハイクオリティなスニーカーは、アディダス以外から発売されることは、絶対に無いっちゅうわけ。



この事実だけでも、アディダス4Dしか真の意味でハイクオリティな3Dプリンタで造られたスニーカーの選択肢が無い事が理解できたはず。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

どや?  アディダス4Dの裏事情・・・、ごっつ、エグいやろ?





実はわし、もともとアディダスはそんなに好きやなかったんやけど、アディダス4Dだけは別やねん。




初代の発表から時間が経った今でも、何回見ても美しい。

見ればみるほど、技術的背景を知れば知るほど、好きになっていく・・・・。




キミも、アディダス4Dのエゲツなさが理解できてきたんちゃう?





ココまで来たら、実際に履いてみたいやろ?


アディダス4Dの履き心地って、実際どうなん?って思うやん?




せやけど、ひとつ問題がある。

アディダス4Dって、スニーカーの中でもごっつ高いねん。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

そらしゃーないわな。


今までの旧世代スニーカーとアディダス4Dは、根本的に別物や。






そこは我慢して・・・、と言いたいところやけど・・・。

ココだけの話、死ぬほどお得に買える場所がある。






ココから先は、更に閲覧注意。

わしが最近、実際に購入したアディダス4Dのフラグシップスニーカーを例に、アディダス4Dのさらなる魅力を紹介していく。




キミの散財を防止するため、最後の最後にアディダス4Dが正規品で、日本で一番安く手に入る場所を教えたるわ。






悪いことは言わへん。

散財したくないキミは、今すぐブラウザを閉じたほうがエエよ。




ほな、さっそく、アディダス4Dのフラグシップスニーカーの実物をじっくり見ていこかぁ〜😋🍺❤️

ごっつ優しい、わしからの2度目の警告!

散財したくないなら、見たらアカン!!!

アディダス4Dのハイエンドモデル「アディダス4Dミッドランナー」を購入してみた感想。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

いや、ほんま、控えめに言うて最高やわ。



普通のアルファエッジ4Dも持っとるんやけど、今回わしが購入したのは「アディダス4Dミッドランナー」っちゅうモデル。



「アディダス4Dミッドランナー」は、アディダスの中でも選ばれしスニーカーのフラグシップモデルの総称「アディダスコンソーシアム」ラインのスニーカーやねん。



「アディダスコンソーシアム」っちゅうラインは、スニーカー好きでも結構知らん人が多い、知る人ぞ知るアディダスの最高級ライン。


「アディダスコンソーシアム」のモデルは、通常のアディダスと比べても、細かいディテール、仕上げ、シルエットに新しいアイディアを詰め込んだ、プレミアムな製品ばっかりやから、スニーカーマニアとしては涎が出そうなモデルの宝庫や。



「アディダスコンソーシアム」のスニーカーは、生産数も極少ないし、販売出来るのも極限られた店舗しか許されてない。



せやから、人気で売り切れてしもたら、次手に入れるのが大変やねん。

アディダス4Dミッドランナーのパッケージ。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

「アディダスコンソーシアム」のシンプルなボックスを引き出したら、清潔感漂う見事な色合いの「ミッドランナー4D」さんが、こんにちわ😋🍺❤️

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

見てみぃ、このミッドソールの存在感。

無限に奥に続く、世にも不思議な「ラティス構造体」は、何回見てもテンションMAX!!



アディダス4Dだけでしか味合われへんこの感動。

最高潮に心躍る瞬間や😋🍺❤️

アディダス4Dミッドランナーのセット内容。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

セット内容はこんな感じ。

  1. スニーカー本体
  2. 予備のシューレース(靴紐)
  3. インナーソール(中敷き)

シューレースが2本ついとるところが嬉しいポイントやね。

アディダス4Dミッドランナーの素材感。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

アディダス4Dミッドランナーの素材感は、控えめに言うても抜群に最高や。


プライムニットが使われた本体、アッパーは、【柔らかく、優しく、そんでもって、しっかりと】どんな足でも、完璧に包み込んでくれる。


どんなに激しい動きをしても、足首、つま先の伸縮に追随してくるから、靴下履いとるみたいな感覚っちゅう感じ。




ほんまに、心地エエ履き心地やから、一回履いてしもたら中毒になるレベル。

やめられへん、とまらへん。

もう、他のスニーカーは履きたくなくなるレベルの、見事な履き心地や。




アディダスコンソーシアムの名に恥じることのない、アディダス4Dシリーズの中でも、最高レベルのスニーカーっちゅうても過言や無いわ。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

インナーソール(中敷き)を入れる前の、中の様子がこんな感じ。



3Dプリンタで造られた、ラティス構造のミッドソールが透けて見えるやろ?

このラティス構造は、外気と完全に通じとるねん。




アディダス4Dのミッドソールは、体重の圧力分散を最適化しただけや無く、ラティス構造故に、圧倒的な通気性までも有するっちゅうわけ。



こんな完璧な機能性を有したミッドソールは、アディダス4D以外に見たことないやろ?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

インナーソールを入れたらこんな感じやね。

シンプルで清潔感のある素晴らしいデザインやろ?😋🍺❤️

アディダス4Dの履き心地は、中毒になる。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

アディダス4Dは、1回履いたらおしまいや。


ラティス構造が生み出す、唯一無二の忘れられへん履き心地。



ほな、アディダス4D最大の特徴である「ラティス構造体のミッドソール」の魅力を詳しく解説していこか😋🍺❤️

意外にも、しっかり硬めに感じるソールの反発力。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

実際にアディダス4Dを履いてみると、見た目に反して意外にもしっかり硬めに感じる履き心地やねん。


ラティス構造の見た目的に、結構フワフワした履き心地を想像しとる人が多いんやけど、実際は、かなり耐久性がありそうで、しっかり体を支えてくれとるっちゅう感じ。



ひとことで言うたら、安定感抜群。

自分の体重が、ソール全体に均等に分散されとる、っちゅう感じがメチャンコよく分かる。




ミッドソールの安定感と、プライムニットの包み込むようなホールド感。

この2つが合わさって、至極の履き心地を生みだしとるって訳。

履けば履くほど離れられなくなる、中毒性のある履き心地!

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

アディダス4Dを一足でも買って履いてみたら、その驚くべき中毒性にチビるはず。


なんちゅうか、履けば履くほど、アディダス4Dの快適さが理解できるっちゅうか、他のスニーカーを履いた時の違和感が大きくなってくる感覚があるねん。



最初は、ちょっと硬めに感じたソールの反発具合も、履けば履くほど離れられへんようになってくる。




DONDON心惹かれていく感じ。





気づいたら、アディダス4D以外の靴は履きたくない・・・・。

そんな感覚さえ覚えるほど、中毒性の高いスニーカー。





はっきり言うとくけど、アディダス4Dは見た目だけやないで。

履き心地は抜群。

履き心地が抜群すぎて、他のスニーカーに戻られへんようになる危険性があるのが、アディダス4D最大のデメリットと言えるんちゃうかな。

長時間履いてこそ分かる、驚異的な疲労感のなさ!

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ぶっちゃけアディダス4Dは、短時間の試着だけでは、真の価値を感じることは難しい。


試着して、結構いい感じかもと思ったら、購入後改めて長時間履いてみることをおすすめするわ。





その時、キミは感じるはず。


「あれ? なんかいつもと違う・・・。  あっ、これって、疲労感がぜんぜんちゃうやん!?」





そう、その通りやねん。


不思議なことに、他のスニーカーに比べて疲労感が全く違う。




この疲労感の少なさこそが、アディダス4Dがもつ中毒性のある履き心地の要因!




この凄さを感じることが出来るのは、アディダス4Dを日常に取り入れた人だけ。



まさに、選ばれしものだけが到達できるユートピアっちゅうわけやね😋🍺❤️

アディダス4Dは買い?  どこで買うのが正解?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

結論から言うたら、アディダス4Dはブッチギリで買い!



ぶっちゃけアディダス4Dシリースは、他のスニーカーと比較して値段が高い。


せやけど、そんな事を気にしとる場合やないレベルの魅力が詰まったスニーカーである事は、わしが保証する。




アディダス4Dの存在は、スニーカー界の革命やと断言できる。

世界最高のテクノロジーが生み出した唯一無二のスニーカーや。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

しかも、現時点において、他メーカーは絶対に同じものは造られへん、大人の事情もある。




アディダス4Dのミッドソールは、アディダスとCarbonが共同で生み出したラティス構造を組み合わせて造られた構造体。

極めて複雑なパターンが3次元的に組み合わさり、部分部分で変化しながら形作られとる。

つまり、形状を真似した模造品を作ることもほぼ不可能なレベルで難しい。




万が一、形状の再現に成功したとしても、Carbon社の3Dプリンタの素材特性と同じ材質でないと意味がないねん。


その上、長くなるから詳しい説明はせえへんけど、Carbon社の3Dプリンタで模造品を作ることは不可能なシステムになっとる。




要するに、模造品対策もほぼ完璧なスニーカーっちゅう事。




隅々まで考えつくされたアディダス4D・・・・。

ため息が出るほど凄いわ。

ほんまに、考えれば考えるほど、恐ろしいスニーカーやでぇ・・・。

本当は教えたくない裏話。  実は、アマゾンで買うのが最も安い。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

普通のスニーカーに比べたら、ごっつ値段が高いアディダス4Dやけど、実は安く買える販売店がある。





ほんまは教えたくないんやけど、アマゾンで買うのがどこで買うよりも安いねん。






アディダス4Dに関しては、いつでもセールしとるわけじゃない。

なんか徐々に徐々に値段が下がっていきだす、タイミングがあるねん。

最高のタイミングで買えれば、定価の約半額で購入できるで。




あたりまえやけど、もちろん新品の正規品や。




しかも、サイズが合わんかったら(未使用に限り30日間は無料)で返品、サイズ変更できる、神がかったサービス付き。




アマゾンは、知る人ぞ知る、アディダス4Dの超穴場販売店っちゅうわけ。





まさに、灯台下暗しって感じやろ?



ただし、アマゾンは価格変動が激しいから、タイミングを間違えると一気に定価まで跳ね上がったりすることもザラにある。

ほしいタイミングですぐ買うか、ギリギリまで粘って待つか。



悩ましいところやけど、欲しいときが買い時やで。


売り切れてしもたらそこで終了やしね😋🍺❤️






ほな、今回はこのへんで。

アディダス4Dを手に入れて、最高のスニーカーライフを楽しんでなぁ〜😋🍺❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました