ぽよんちょウィスキーレビュー

ぽよんちょウィスキーレビュー

【竹鶴ピュアモルト】 味を徹底レビュー。 レジェンド竹鶴政孝の名字を冠するジャパニーズウィスキー。

ニッカウヰスキーを代表する、モルトウイスキーのみをブレンドしたピュアモルトブレンデッドウィスキー「竹鶴ピュアモルト」 ニッカウヰスキーの創始者であるレジェンド「竹鶴政孝」の名を冠するウィスキーの旨さ、魅力をしっかり伝えていくでぇ〜。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ボウモア12年】 味を徹底レビュー。アイラの女王の味は美しい。

アイラの女王こと、ボウモアのスタンダードボトル「ボウモア12年」 かつお出汁みたいな深い旨み、フルーティで品よくピーティ。 アイラモルト初心者にもオススメの超定番ボトル! アイラモルトに手を出す時は、ボウモア12年から始めるのがオススメや。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【バランタイン21年】 味を徹底レビュー。 スコッチウィスキーの王道はやっぱり旨い!

スコッチウィスキーの王道中の王道! バランタインシリーズの高級ボトル「バランタイン21年」 エレガントでスムース、マイルドな口当たりは上質な蜜のようや。 初めてでも飲みやすく、何回飲んでもなんぼでも飲みたくなる高級ブレンデッドウィスキーやでぇ〜。
スポンサーリンク
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ブラックニッカリッチブレンド・コンフォートアロマ】 味を徹底レビュー。

2019年に発売されたブラックニッカリッチブレンドの限定版「コンフォートアロマ」  スッキリやけどごっつ甘い。 ロックスタイルが最高にオススメの今しか飲まれへん限定ブラックニッカを体感してみてなぁ〜。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【AMAHAGAN ワールドモルトエディションNo,1】 味を徹底レビュー。

将来期待の新しいディスティラリー「長濱蒸溜所」が送り出した処女作のブレンデッドウィスキー。 若い長濱原酒とワールドウィスキーのブレンドは、長濱蒸溜所のこれからが楽しみになる想定以上の旨さやったわ。 ノンチル・ノンカラーの真摯なこだわりも素晴らしい。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【アードベッグ10年】 味を徹底レビュー。 アイラモルトの代表格! 強烈にスモーキーな個性派な味は、一旦ハマると抜け出せん。

究極のアイラモルトことアードベッグのスタンダードボトル「アードベッグTEN」 強烈なスモーキーさの中にあるビターチョコレートのような甘味。 ウィスキー初心者にはオススメできんけど、いっぺんハマってしもたら抜け出されへんなるでぇ〜。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【アラン・クオーターカスク】 味を徹底レビュー。スパイシーで爽やかな、ちょっとヤンチャなアランちゃん。

アラン蒸留所の新デザインボトルから、「アラン・クオーターカスク」をご紹介。 バーボン樽で7年間熟成させた後、クオーターカスクで2年間後熟された、ごっつスパイシーなアランちゃんが登場や。 ちょっとヤンチャなアランちゃんを舐めまわしたるでぇ〜。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【カフェモルト】 味を徹底レビュー。 ニッカの連続式蒸留機が生み出すシングルモルトウィスキー。

ニッカウヰスキーの所有する伝統的なカフェ式連続式蒸溜機「カフェスチル」でつくられたシングルモルトウイスキー! ニッカの探究心が生み出した、カフェ式やからこそ感じられるモルトの甘さと芳ばしさとはいかに!?
ぽよんちょウィスキーレビュー

【カリラ 18年】 味を徹底レビュー。アイラ入門の初心者にも飲みやすい。バランス感抜群の高級ウィスキー。

今や、年1回の限定リリースとなってしもた「カリラ18年」 スモーキーやけど比較的飲みやすくて、複雑で芳醇な甘味のバランス感が素晴らしい。 アイラの入門としても勧めたい、初心者にもオススメ! アイラの旨さをしっかりと感じる高級ウィスキーやでぇ〜。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【響 ジャパニーズハーモニー】 味を徹底レビュー。シロップのような甘さで、激烈な飲みやすさ!

サントリー・・・、いや、日本を代表する高級ブレンデッドジャパニーズウィスキー「響」シリーズのエントリーボトル。 加糖されたんかと錯覚するレベルの甘さと、エゲツないレベルの飲みやすさ! とりあえず一回は味わってみてもエエと思うわ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました