【スプリングバンク10年】 味を徹底レビュー。 モルトの香水と称される絶品ウィスキーの魅力とは。

ぽよんちょウィスキーレビュー
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ども、ウィスキー販売情報とウィスキーレビューをお届けする、ぽよんちょおじさんです😋🥃❤️



ウィスキー好きの中でも人気の高い、キャンベルタウンの絶品モルトを生み出す「スプリングバンク蒸溜所」のスタンダードボトル。


「スプリングバンク10年」




いつもどおり、1ボトルまるまるの変化を徹底的にレビューしていくでぇ〜😋🥃❤️

品名:スプリングバンク10年
生産地域:スコットランド(キャンベルタウン)
蒸留所名:スプリングバンク蒸溜所(SPRINGBANK)
仕込水:クロスヒル湖

カスクタイプ:
熟成年数:10年
アルコール度数:46%
容量:700ml

輸入元:ウィスク・イー
所有者:J.&A.ミッチェル社

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ただいま超絶品薄のスプリングバンク10年。

買っとくなら早めがエエよ😋🥃❤️

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スプリングバンク 10年 46度 箱付 700ml
価格:15400円(税込、送料別) (2021/5/10時点)


スポンサーリンク

【スプリングバンク10年】の雑学。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

スプリングバンク10年は「モルトの香水」っちゅう異名をもつほど香り高いウィスキーとして有名なボトル😋🥃❤️


その香水感は、飲む前の香りでもわかるし、飲んでからの爆発的な口内に広がるアロマでも体感することができる。



嘘やと思うなら、いっぺん飲んでみるのが一番や😋🥃❤️

間違いなく旨さと香りに納得するでぇ〜😋🥃❤️

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ちなみに、スプリングバンク蒸溜所は3基の蒸溜器を使って、タイプの違う3種類のシングルモルトを製造、 3つのブランド展開でウィスキーを販売しとるんや😋🥃❤️


1つ目はもちろん「スプリングバンク」
ちょうどエエ塩梅でピートを焚いて、2回半蒸溜して造られるのが特徴や😋🥃❤️

2つ目は、「ロングロウ」
ヘビーピートで2回蒸溜して造られるのがロングロウやね😋🥃❤️

3つ目は「ヘーゼルバーン」
ノンピートで3回蒸溜のこだわり仕様のウィスキーや😋🥃❤️

【スプリングバンク10年】 色、香り、味わいを徹底的にレビュー

開栓日:2020/10/04

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

若干オレンジ、黄土色がかったベーシックな琥珀色。

繊細やけど、安心感のある色味やね😋🥃❤️

香り

開栓日

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

麦芽の甘み、洋梨、柑橘系のさわやかさ、出汁感、優しいピート。

塩気を伴った、複雑で華やかな香りがたまらんねぇ😋🥃❤️

ストレート(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ひとくち含んだ瞬間に、凝縮した麦芽の甘み、潮辛さを感じる。

次の瞬間、香りが爆発的に広がっていくのを体感できるはず😋🥃❤️


まさに「モルトの香水」や。


鼻を突き抜ける洋梨、柑橘感、麦の甘味。

舌を侵食する潮辛さとスパイシーさ。


スプリングバンク10年は、独特の潮辛さも人気の秘密。

特にストレートはおすすめで、スプリングバンク10年の潮辛さとスパイシーさ、相反する優しく深い甘みとコクに酔いしれるでぇ😋🥃❤️



アードベッグとかラフロイグみたいなドギツイ強烈な個性やなくて、飲みやすくも独特の個性があるスプリングバンク10年にハマってしもたら最後😋🥃❤️

仕事中でもついつい思い出してまうくらい旨いねん😋🥃❤️



じんわりした出汁感と優しいピート・・・。

アロマティックな永い余韻がとにかく絶品やね😋🥃❤️

ストレート(開栓約3ヶ月後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ちょっと時間があいてしもたけど、相変わらず旨いねぇ・・・。


スプリングバンクの猛烈なアロマと溶け合った麦の甘み、塩気、程よいピート😋🥃❤️

10年ものでこの旨さを出せるのはホンマにエグい😋🥃❤️


香りは洋梨系なんやけど、やっぱり一味違うっちゅうか、スプリングバンク特有の塩っぽさと出汁っぽさが、深い深い奥行きを演出しとる。

この一体感が、スプリングバンクにハマる大きな理由の一つやと思うわ😋🥃❤️

加水(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

やっぱり香りがごっつ立つねぇ😋🥃❤️

ストレートのときよりも、ナチュラルな甘味をまとった爽やかな香りが増す感じ。

口に含んだ瞬間爆発する見事なアロマも、ごっつイキイキしとる。

より一層「モルトの香水」感が出てくるねぇ。



味わいはより滑らかになって、甘み、潮辛さ、優しいピート、全体のバランスがごっつエエ感じで調和しとる😋🥃❤️

なんちゅうか、味と香りのオーケストラやね😋🥃❤️

トワイスアップまで薄めんでも、少量の加水でアルコールの荒々しさはだいぶ落ち着きを見せるから自分の好きな量を加水したらエエと思うわ😋🥃❤️

加水(開栓約3ヶ月後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

シトラス系の爽やかさと塩気、出汁感がフワッと漂う最高にエエ感じ😋🥃❤️

味はストレートの時と比べても薄まった気が全然せぇへん。


見事なアロマ由来の濃厚な味わいが、加水時のネガティブさをほとんど感じさせることなく完璧に調和するんや😋🥃❤️


いやぁ・・、ほんま凄いよねこの完成度。

いまのところ、品薄で買われへん状態(2021/01/05)が続いとるけど、見つけた瞬間即買いで問題なしやわ😋🥃❤️

気になる方は絶対に逃したらアカンでぇ〜😋🥃❤️

ロック(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

氷で引き締まった香りは、鰹節のような出汁感メインに変貌。

加水と同じく口当たりは滑らかになって、表面上の飲みやすさはマシた感じ😋🥃❤️


冷やされて甘み香りが若干閉じた影響か、スパイシーな余韻が強く主張してくるワイルドな感じになるねぇ😋🥃❤️


アロマティックな広がりは相変わらず素晴らしいけど、全体的に調和感を求めるならロックよりも常温での加水がオススメかな😋🥃❤️

ロック(開栓約2ヶ月後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

このアロマティックな出汁感がホンマ旨いねぇ😋🥃❤️

ほどよくスモーキーで、スプリングバンク特有の麦の旨味・・・。


なんやねんこれ。

何回飲んでも旨すぎる。

10年ものとは思われへんクオリティやほんまに😋🥃❤️

ロック(開栓約7ヶ月後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

おぉ・・・、久しぶりに飲んだけどかなりまろやかで、ごっつアロマティック・・・。

今がピーク(飲み時)な感じかも😋🥃❤️


程よい塩気、出汁感に、嵐のように吹き荒れるアロマティックタイフーン。

しっとりとしたフルーティでクリアな甘みも最高や。


氷が溶けて薄まってくると、吟醸酒のような繊細で自然な甘みが出てくるねぇ。

スプリングバンク10年とスプリングバンク15年を飲み比べ。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

邪神でも微かにわかるレベルで、スプリングバンク15年の方がわずかに濃い色やね。

香りは似た傾向やけど、10年のほうが優しく甘い香り。
15年の方は、わずかにドライでシャープな雰囲気や😋🥃❤️


味は、飲み比べてみるとやっぱり15年のほうが熟成感があるねぇ・・・。
シェリー100%の影響もあって、大人っぽい渋みもエエ感じ。
口に含んだ後の香りの広がり方は15年のほうがどっしりしとるわ😋🥃❤️

10年は全体的に華やかで軽やか。
バンクらしさ全開のパワフルなフレーヴァーや😋🥃❤️


どっちも個性があってエエから、単純にヴィンテージの差ではジャッジでけへん旨さやから悩ましい😋🥃❤️

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【並行品】スプリングバンク15年 700ml 46度
価格:22000円(税込、送料別) (2021/3/23時点)


【スプリングバンク10年】の価格は? ぶっちゃけ、買い?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

スプリングバンク10年は、7000円台で買えたら究極レベルで速攻買い。

最近は品薄で13000〜16000円前後になっとる事がほとんどやね。



人気のウィスキーは一回品薄になったら継続的に品薄になることが多いから、スプリングバンク10年も今後どうなるかわからん。

個人的には在庫が潤沢になることを祈るけど、なかなか難しいんやろなぁ〜とも思う。



昨今のウィスキーは何でもそうやけど、手に入るうちに確保しとくのが一番やでぇ😋🥃❤️

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スプリングバンク 10年 46度 箱付 700ml
価格:15400円(税込、送料別) (2021/5/10時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました