【レッドブレスト21年】ハイクオリティな超熟アイリッシュ・ウイスキーの味とは?

ぽよんちょウィスキーレビュー
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ども、ウィスキー販売情報とウィスキーレビューをお届けする、ぽよんちょおじさんです😋🥃❤️



ミドルトン蒸溜所のハイクオリティなアイリッシュウイスキー。

「レッドブレスト21年」



よっしゃ、今回も一本まるまる、レビューしていくでぇ〜😋🥃❤️

スポンサーリンク

レッドブレストとはどういう意味?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

レッドブレストっちゅうのは、「コマドリの赤い胸」っちゅう意味やねんけど、その名前の通り、可愛らしい鳥さんが描かれとるやろ😋🥃❤️

豪華な箱には鳥の足跡もついとるし、なかなか可愛げのあるパッケージもレッドブレスト21年の特徴や😋🥃❤️


肝心の味の特徴は、3回蒸溜のアイリッシュウイスキーらしいクリーンでシルキーな口当たり。

レッドブレストシリーズの中でも超熟の「レッドブレスト21年」は、バニラの香り、上品なシェリー感、紅茶のようなエレガントな風味がホンマ旨いねん😋🥃❤️


ちょっと高いけど、飲んで見る価値はある一本やでぇ〜。

主な受賞歴

サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2016(SWSC)
ベスト・イン・ショー アルティメット・スピリッツ・チャレンジ2016 チェアマントロフィー98点

【レッドブレスト21年】色・香り・味を徹底レビュー

開栓日:2021/03/09

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

レッドブレスト21年の色味はわずかに赤みがかった濃いめの琥珀色😋🥃❤️

こらぁ旨そうなエエ色味やでぇ〜。

深ミドリのボトル越しには、更に濃く色づいて見えるね。

香り

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ケミカルスパイシーかつ、バニラのエエ香り😋🥃❤️

ちょっと曇ったオレンジのニュアンスもあり。

ストレート(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

スムースでシルクのような滑らかな舌触り。

ケミカル感を伴うフルーティーなニュアンス、青臭さ。

熟成感を感じる、落ち着きのあるきめ細やかな渋み・・・。

甘みはひかえめでわずかにビター。
高級な紅茶を想わせるように香り高く、ひたすらエレガントな雰囲気。


ドライやけど、ケミカルチックで不思議なフルーティさと、シェリーの渋み、青臭さが絶妙なバランスで共存しとる😋🥃❤️

こらぁ旨いねぇ・・・。


余韻はバニリーでフルーティ、紅茶のような香りが永く続く・・・、最高に癒やされるわ😋🥃❤️

ストレート(開栓5日後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

旨いねぇ・・・。

ケミカルっぽさがちょっと抜けて、サトウキビのようなナチュラルでクリーンな甘さ、程よいシェリーの甘みと渋み、ほんのり黒蜜、紅茶のようなエレガントな余韻が素晴らしい😋🥃❤️

これだけで十分満足できる最高のデザートやわ😋🥃❤️

加水(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

2〜3滴の加水で、華やかなバニラ感が増大。

同時に焦がし砂糖のような甘さ、ドライプルーンのような甘酸っぱいフルーツのニュアンスも😋🥃❤️


味の印象はストレートとほぼ変わらず、ひたすらシルキーでエレガントな舌触りから、上品なフルーティさを伴った紅茶のようなフィニッシュへ。


スイスイなんぼでも飲めそうな口当たりやけど、じっくり香りの余韻を楽しむのがオススメや😋🥃❤️

ロック(開栓12日後)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

旨い・・・、なんちゅう旨さなんや・・・。

香り高く、シルキーで繊細な紅茶を思わせるタンニン、複雑な香りと一体になって構成された、クリーンでナチュラルな砂糖の甘み・・・。

口の中が、一気にボタニカリーな雰囲気に染まっていくわ😋🥃❤️

熟成感がありながらも清らかなフルーツのニュアンス。



だいぶ開いてきたのか、日に日に旨さが増しとる気がする😋🥃❤️

ストレートも旨いけど、ロックもフルーティで抜群に旨いねぇ。

【レッドブレスト21年】の販売価格は? ぶっちゃけ、買い?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

「レッドブレスト21年」の定価は、16000円(税別)


なかなか高級なウイスキーやけど、飲んでみたら甘く複雑で、繊細豊かなフルーティ極まる味わい、超熟アイリッシュ・ウイスキーの旨さに納得するはずや😋🥃❤️

ストレートでもロックでもその繊細さはお見事。

アイリッシュウイスキーにはあんまり興味がない方も、いっぺんお試しして欲しい一本やね😋🥃❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました