【イチローズモルト リミテッドエディション】世界中で高く評価されるのも納得の味!

ぽよんちょウィスキーレビュー
ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ども、ウィスキー販売情報とウィスキーレビューをお届けする、ぽよんちょおじさんです😋🥃❤️


ベンチャーウイスキーの定番ボトル「イチローズモルト リーフシリーズ」通常流通品のフラグシップボトル。


「イチローズモルト リミテッドエディション」


通称「青葉」の味を徹底的にレビューしていくでぇ〜😋🥃❤️

品名:イチローズモルト リミテッドエディション(モルト&グレーン)
生産地域:日本
蒸留所名:秩父蒸溜所(株式会社ベンチャーウイスキー)

タイプ:ワールドブレンデッドウイスキー
ヴィンテージ:-
アルコール度数:48%
容量:700ml

スポンサーリンク

【イチローズモルト リミテッドエディション】とは。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

イチローズモルトリミテッドエディションは、超少量生産のイチローズモルトリミテッドエディションジャパニーズブレンデッドを除いた、イチローズモルトシリーズの中でのフラグシップボトル😋🥃❤️

ラベルの青さ故、ネット界隈では通称「青葉」で呼ばれとるんやけど、なかなか店頭で見かけることが少ないウイスキーの一つ。


構成は秩父で熟成されたワールドブレンデッドウイスキーで、ブレンドで力を発揮する選ばれし原酒で構成されたウイスキー😋🥃❤️

リーフシリーズの中でも特にバランス感に優れとるし、ストレートでバリバリに旨い。

やや濃い目に仕上げられた48%のアルコール度数も完璧や😋🥃❤️


イチローズモルトらしさもあって、高級感のあるひと味違う味わいは、ホワイトラベルを常飲する方には絶対に味わうべき一本😋🥃❤️

【イチローズモルト リミテッドエディション】色・香り・味を徹底レビュー

開栓日:2021/10/07

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ややライトなゴールデンカラー😋🥃❤️

青いラベルとマッチした、絶妙な染まり具合。

バリバリ金色に輝く箔押しのロゴがテンション上がるでぇ😋🥃❤️

香り

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

イチローズモルトシリースの中でも特に香り立ちがエエ印象😋🥃❤️

エステリーで華やかフルーティ、ややツンとしたアルコールまじりの酸味のある香り。

軽くウッディで、ちゃんと樽香を感じる😋🥃❤️

ストレート(開栓日)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

あぁ〜、これは旨いわ😋🥃❤️

ホワイトラベル、505シルバーラベルよりも更に上質感のある、しっかり味のあるブレンドやね。


舌先に軽く触れると、ややフルーティな酸味があって、同時にエステリーなグレーンとモルティな旨味が絡み合って、グッと昇ってくるのを感じるわ😋🥃❤️

余韻はエエ塩梅のウッディさ加減で、プラムのような華やかなフルーティさが永く続き、柔らかく軽い渋みがふわっとくる。


イチローズモルトリミテッドエディションの良さは、グレーンとモルトの合わさった妙っちゅうか、ブレンドならではの旨さを見せつけられるような堂々たる風格にある。


よく、ホワイトラベルの上位版っちゅう表現でリミテッドエディションの味を言い表されるんやけど、1ワンク上やなしに、2ランクくらい上の味😋🥃❤️

ストレート(開栓後 4日目)505シルバーラベルと飲み比べ。

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

こうやって比べてみたら、わずかやけど、イチローズモルトリミテッドエディションの方が濃く色づいとるのがよく分かる。

【香りはリミテッドエディションの方が好印象】
リミテッドエディションの方がフルーティでエステリーな香りが強くて好印象😋🥃❤️
度数の高さもあってか、505の方がアルコールのツンとした香りがやや強いわ。

【味はバランス感のリミテッド/パンチの505】
フルーティで優しくまろやか、全体のバランスに優れたストレートでしっかり旨いリミテッドエディション😋🥃❤️

一方505は、香ばしさとアルコールのアタックが強めでストレートではやや荒々しさが目立つパワフルな仕上がりや。
悪い意味や無くて、加水、ロックで伸びシロがある味。


こうやってじっくり飲み比べてみたらイチローズモルトらしい味は、やっぱり定番のリミテッドエディションかなぁっちゅう印象やね😋🥃❤️


シルバーラベル505も悪くはないけど、フィニッシュまでのバランス感はリミテッドエディションには及ばへんなぁ・・・。

せやけど、余韻で感じる強い華やかさはシルバーラベル505に軍配あり😋🥃❤️

加水(開栓日)2〜3滴の少量加水&トワイスアップ

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

開栓当初のストレートから香り立ちはエエけど、数滴の加水で更に良く香る😋🥃❤️

クレームブリュレ感が明確に開花。


加水直後はややビターな印象が強くなる傾向。


トワイスアップ付近まで加水したら青りんご感のあるフルーティな香りと、白胡椒のような軽いスパイス感が支配的に。

ビターさは軽くなって消えていくけど、味はバランス感を保ちつつ、ややスパイシーで落ち着いた感じに・・・。


悪くはないけど、トワイスアップまで加水する必要性はそこまで感じへんかなぁ。

個人的にはストレートが好印象やね😋🥃❤️

ロック(開栓後 8日目)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

バナナ、熟したプラム、香ばしさと素朴な砂糖菓子のような甘み、しっとりしたウッディネス😋🥃❤️

クレームブリュレ、ザラメ砂糖のような柔らかで甘みのあるフィニッシュ。


どこの蒸溜所とも違うイチローズモルトの個性がしっかりありつつ、バランス良く整えられたブレンドは見事。

ロック(開栓後 1ヶ月)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

ちょっと気分を買えてバカラのアルクールでオンザロック😋🥃❤️

ストレートももちろん旨いけど、やっぱりロックも旨いなぁ・・・。


ざらめ砂糖を贅沢に使った砂糖菓子のような甘みに、香ばしく優しさで包みこむような樽香。


フルーティでどこか素朴な雰囲気もある、魅力あふれるワールドブレンデッドやわ😋🥃❤️

価格を考えても文句の付け所がない。

ハイボール(開栓後 5日目)

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

まさに唸る旨さとはこの事😋🥃❤️

シャインマスカットを想わせる高貴で綺麗なフルーティさに、抜群に爽快な口当たりと綺麗にまとまったウッディネス❗

飲む人を選ばへん、めちゃめちゃ美しいハイボール😋🥃❤️


方向性としてはホワイトラベルの延長線であることは間違いないんやけど、延長も延長すぎる。
遥か彼方に見える遠い存在くらいレベルが違う旨さあり😋🥃❤️


ストレートも旨いんやけど、この贅沢なハイボールはヤミツキになりそうなくらい旨いわ。


貴重なリミテッドエディションをハイボールにするにはもったいないと思わず、ぜひ騙されたと思ってTRYしてみてねぇ〜😋🥃❤️

【イチローズモルト リミテッドエディション】の定価は? ぶっちゃけ、買い?

ぽよんちょおじさん
ぽよんちょおじさん

「イチローズモルト リミテッドエディション」の定価は、9900円(税込み)。

イチローズモルト505シルバーラベルの終売に伴って、最近は一気に市場に出てきたイメージやね。

2021年10月に発表されたイチローズモルト新作のクラシックエディションの登場でまた出荷量が減るのか気になるところ。😋🥃❤️


純ジャパニーズウイスキーやない、ワールドブレンデッドウイスキーやから、若干軽く見られがちなところもあるけど、味はごっつエエ感じやし、折り紙付きの旨さ😋🥃❤️


個性に振った3色のリーフシリーズ(ミズナラ、ダブルディスティラリーズ、ワインウッドリザーブ)とはちょっと違う、バランス重視の味わいや。

店頭で見かけることはほぼ無いけど、ネットのウイスキーセットなら比較的タイミングが合えば買いやすい一本😋🥃❤️

とりあえず家に一本ストックしとけば間違いない、イチローズモルトらしさの強いバランス型ウイスキーやでぇ〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました