山崎

ぽよんちょウィスキーレビュー

【インペリアル 響マーク】今なお評価の高いサントリーの超高級ウイスキー。

1964年に超高額で販売がスタートした当時の最高級国産ウイスキー、サントリー「インペリアル 特級」のマイナーチェンジボトル「インペリアル 響マーク」を徹底レビュー! 長熟の山崎モルト原酒を贅沢に使った、先代と甲乙つけがたい極旨ウイスキーや!
ぽよんちょウィスキーレビュー

【旧ローヤルSR】ほぼローヤル12年の味! 現行ローヤルSRとの見分け方とは。

ローヤル史上もっとも地味で隠れた大穴ボトル「旧ローヤルSR」の味を徹底レビュー! ほぼ先代のローヤル12年と同じ味で、ごっつ完成度の高いのが旧ローヤルSR。 ラベルは激似やけど、現行のローヤルSRとは明らかに違う熟成感ある味わいは絶品や。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ローヤル12年 ホワイトラベル】2年で終売になったローヤル史上最後の12年。

サントリーの傑作ウイスキーローヤルシリーズ最後の12年モノにして、わずか2年で終売になった貴重なボトル「ローヤル12年 ホワイトラベル」の味を徹底レビュー! 先代のシルバーラベルから引き継がれた華やかで軽やかよりの現代チックな味わいのローヤル12年。
スポンサーリンク
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ザ・ウイスキー 特級】中身はほぼ山崎30年!? サントリー究極のジャパニーズウイスキー。

佐治敬三、開高健、佐藤乾、昭和の天才達が生んだサントリー究極のジャパニーズウイスキー「ザ・ウイスキー 特級」 中身はほぼ山崎30年と言っても過言ではない至尊至高、贅を尽くした極上のウイスキー。 味だけでなく、ザ・ウイスキーの秘話も交えて徹底レビュー!
ぽよんちょビールレビュー

山崎25年 響30年 白州25年を飲み比べ! 山崎蒸溜所見学者だけが飲める特別な山崎とは。

サントリーウイスキーのフラグシップボトル3種「山崎25年 響30年 白州25年」を飲み比べ! 山崎蒸溜所見学者必見のおまけ情報あり! 有料のテイスティングカウンターにも売ってない見学コース参加者だけが飲める特別な山崎とは。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ローヤル15年 ゴールドラベル黒栓 響マーク】ローヤル史上最高の味を徹底レビュー!

サントリーウイスキーの歴史あるローヤル史上最高に贅沢な原酒が使われた「ローヤル15年」を徹底レビュー! 今なお増え続ける多くのウイスキーファンを虜にする完璧に整った味は見事の一言。 サントリーウイスキー黄金時代に生まれた傑作ボトルの一本や。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【山崎18年】定価35,200円。メルカリ購入が危険なウイスキーNo,1

山崎蒸溜所を代表するウイスキー「山崎18年」の味を徹底レビュー! 2022/04/01からの価格改定で、定価は35,200円。 偽物率が高すぎるが故に、メルカリ購入が危険なウイスキーNo,1として君臨する伝説のジャパニーズウイスキーや。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ローヤルSR 金枠響マーク】山崎15年モルトが使われた贅沢なウイスキー。

山崎15年モルトが使われた贅沢なブレンデッドウイスキー。 「ローヤルSR 金枠響マーク」を徹底レビュー! 一世代前の金枠向獅子マークのローヤルSRと比べると味の傾向は近しいけど、フルーティさと熟成感はやや上回る!? ほんま素晴らしい味やわ。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【サントリー ローヤルSR 金枠向獅子マーク】特級時代から大きく変わった味の傾向をじっくり評価。

サントリー ローヤルSR金枠向獅子マークを徹底レビュー。 特級表記時代の後に販売されたボトルで、それまでのローヤルと味の印象が大きく変わった代表的な一本。 後に販売された、金枠響マークのローヤルSRとの違いも交えてじっくり評価していこか。
ぽよんちょウィスキーレビュー

【ザ・プレミアムモルツ・マスターズドリーム山崎原酒樽熟成】本家山崎より高い、定価5000円の価値はあるのか!?

限定2000人に販売された、定価5000円の超高級ビール「ザ・プレミアムモルツ・マスターズドリーム山崎原酒樽熟成2021」を徹底レビュー! 旨いけどなんか引っかかるこのモヤモヤした感じ・・・。 正直〇〇〇〇のほうが満足感高いでぇ〜。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました